品目と回収時のポイント

47都道府県市町村ごとのルールに従って不用品回収をお願いすることは住民であれば可能です。
各地域のルールに従って利用することで便利に活用できるかと思います。
中には「燃えないゴミ・資源ごみとこれらの区別が分からない」という方もいらっしゃるでしょう。
このような場合は、年に1度ゴミ処分に関する小冊子などが配られているかと思います(年度明けにポストなどに入っているでしょう)。
これらを参考にして分別するようにしてください。
公式ホームページや電話での問い合わせでも知ることは出来ます。
分別品目ですが、各自治体ごとに変ってきます。
例えば炊飯器。
指定のゴミ袋に入ることが条件で燃えないゴミとして回収してくれることもありますし不用品とみなされることも。
たいてい、30センチ四方のものであれば燃えないゴミとして処分可能かと思います。
また、それを超える場合でもバギー(お子様を乗せるもの)なども1番大きな指定ゴミ袋を巻きつけることで燃えないゴミとして提出出来る地域もあります。
燃えないゴミと回収の双方を比べた時、もちろん前者のほうがコストパフォーマンスは良くなってきますので、出せるものは左記のようなスタンスで処理すると良いかと思います。
重量や大きさによって回収料金も異なってきます。
同じ品目に対しても料金が変動することもありますので、認識して納得しておくことが大切です。

もちろん融通を利かせてもらうなどという事は出来ません。
ブラインドや組み立て式家具など運搬中に広がってしまう恐れがあるものは、提出時にしっかりと梱包紐などで固定をして出すようにしてください。
バラバラに出してシールを一箇所に貼り付けただけでは回収してもらえないケースもあります。
まとめ方が分からないなどという場合には、申し込み時に指導をしてくれるかと思いますので聞いてみるとよいでしょう。
これは、回収ばかりではなく自ら持ち込む際にも必要な工程となります。
回収時の品目の状態ですが、壊れている状態や汚れが目立つ状態は限らず回収可能となっています。
しかし、怪我をしてしまう恐れがあるという場合はその部分をガードするなどと言う配慮をして提出をするのがより好ましいかと思います。
休日の回収はありませんが、平日であれば原則として回収可能となっておりますので日常的に利用がしやすい環境が整えられているかと思います。
自分で運搬することが条件の1つとなっている地域が大半ではありますがその分、安価で利用できるのも利点でしょう。

新着情報

◆2014/11/28
品目と回収時のポイントの情報を更新しました。
◆2014/11/28
申し込みについての注意点の情報を更新しました。
◆2014/11/28
家電リサイクル法と回収の情報を更新しました。
◆2014/11/28
大型粗大ゴミの情報を更新しました。
◆2014/11/28
タイヤがついているものの回収の情報を更新しました。